山田 彰彦(G)を中心にHYDRAは結成される。
Vo,Dはかなり流動的であり、音楽性やコンセプトなどもその都度変化してゆく。
派手な衣装、金髪、日本語詞、メイク。
この当時のHYDRAは、トライ&エラーの繰り返しであった。
1993年、Dに角谷 考宣が加入、2本目のDEMO TAPE、“HYDRA2”をリリース。
日本語詞ではあるが、本物のROCKへと近付いてゆく。
幾多のLIVEを繰り返してはいたが、相変わらずVoは流動的であった。
HYDRAにとってのキィパーソンはやはりVoであったのだろう。

1995年に玉井 純夫(Vo)が加入。
5オクターブの声域、卓越した英語能力はバンドの音楽性、コンセプトを180度変化させていった。
4曲を書き下ろし、2曲をリメイクし、加入2ヵ月後にLIVE活動を再開。
加入3ヵ月後にDEMO TAPE“HYDRA3”をリリース。
このデモは約1000本出荷された。

10月、山田(G)、大崎(B)、玉井(Vo),角谷(D)による東京、名古屋でのLIVEが行われるが1996年、諸事情のため大崎がバンドを脱退、HYDRAはベーシストのオーディションに入る。
12月新しいベーシストは西田俊行に決定、COMPILATION ALBUM “KILL’EM ALL FAKIN‘METAL2(ULTIMET NETWORK ,Tokyo)に収録予定の2曲を録音する。

1997年9月、HYDRAは1ST ALBUMの録音を開始する。初のフルレンスCDである。
10月、“KILL‘EM ALL FAKIN’METAL2”発売。HYDRAは“ANGER”で参加する。
それに伴うLIVEが東京、大阪で行われ、大盛況のうちに終わる。

翌年、2月、西田(B)が脱退、HYDRAは1STアルバム用の曲作りと平行してベーシストのオーディションに入る。
同7月、新しいベーシストは乾 和也に決定した。
乾のBAND歴は皆無であり、しかも元はギターリストであったが、入念なリハーサルによりメキメキと頭角を現してゆく。
同11月、HYDRA主催によるイベント、“NIGHT FLYERS HM MADNESS GIG”が大阪難波ROCKETSにて開催され、以降シリーズ企画として継続されてゆく。

1999年、4月、1STアルバムのレコーディングが終了。
アートデザインはETERNAL ELYSIUMの岡崎氏が担当した。
同9月、1STアルバムリリース。
“Exhibition of malice”は日本のファンジンのみならず海外のファンジンにも好意的に受け入れられる。
64分10曲のこのアルバムは“悪意、アンチテーゼ”というコンセプトにより製作された。

2001年、2NDアルバムのプリプロダクションが始まるが、方向性,志向の違いにより、角谷(D)が脱退、ドラマーのオーディションが始まった。
2002年、8月 武鑓達也(Ex:Blasdead)が正式加入。
2004年、武鑓が脱退。
2006年、角谷 考宣が再加入。SAMURAI SOUND ASSOCIATIONのCOMPILATION ALBUM「サムライ・メタルVol.2」にHYDRA(Feat.Y.KATAOKA)名義で“Children of Sun Ver.SAMURAI”で参加する。キーボードはAIBの片岡祥典氏が担当した。
2007年、2NDアルバム録音開始。年内に3曲録音終了。初の札幌でのLIVEを行う。
2008年、12月までに残り7曲の録音を終了させる。
2009年、12月、2NDアルバム“Long way to lord and other stories”を発表。

2013年、8月、3RDアルバム発表に向けてレコーディング中。


Please expect!!!

Dr.Takayoshi Kakuya
Ba.Kazuya Inui Gu.Akihiko Yamada
Vo.Sumio Tamai

HYDRA BIOGRAPHY
Second Album "Long Way To Lord And Other Stories" is out Now!!!


Maybe, almost people don't know form of evolution about HM bands You know,almost people don't need changes but, if it can change by self, it will havereached a dead end.

It's just like to wait for slow die. So, strong personalitywill search for new horizon to do survive. HYDRA, they are searching for formof evolution in 1991 still now. This is the one form of evolution about heavymetal!!!

HYDRA created by Akihiko Yamada (Guitar). They had searched fornew style sound. HYDRA began to perform at Osaka in 1992 April. Soon, TakayoshiKakuya (Drums) joined in HYDRA. Beginning of chemical change.

February 1995, Sumio Tamai (Vocals) joined in HYDRA. August, theyperformed at Osaka with this line up. This is beginning of evolution.September, HYDRA made three songs 3rd demo tape "HYDRA3". They soldit 1000pieces in Japan.

October, they performed at Tokyo, Nagoya. Their gig won thehighest praise from HM kids.

March 1996, HYDRA auditioned new bassist. Long stormy audition,they decided new bassist. Toshiyuki Nishida joined in band. And HYDRA recordedtwo songs for new material.

In September 1997, HYDRAbegan to record to make first full CD album. In October, compilation album"KILL'EM ALL FAKIN' METALS 2"(ULTIMET NETWORK .Tokyo) was released. HYDRAjoined in it one song. This song was called "ANGER". "KILL'EMALL 2" gigs performed at Tokyo, Osaka. In February 1998, Toshiyuki Nishidawithdrew band. They auditioned new bassist. They made many songs in the term.

In Jury, they decided new bassist. Kazuya Inui joined in HYDRA. Hewas only beginner bassist. After scrupulous rehearsal, in November, under theirsponsorship, Heavy Metal event named "NIGHT FLYERS HM MADNESS GIG"began to start at Osaka".

In April 1999, theyfinished recording for debut CD. They had played many festivals. In September,their debut CD was released. It was named "EXHIBITION OF MALICE"(Obsidian Factory Records OBF0001). Ten songs 64min it was made under concept"Malice, antitheses". In April 2001,Takayoshi Kakuya withdrew band.

In 2006,Takayoshi Kakuya joined in HYDRA again. Compilation album“Samurai metal Vol.2”was released.(Samurai sound association) They joined in it1 song. This song was called "Children Of Sun". In 2008, HYDRAfinished to record 2nd full lens CD album.

And, evolution keeps on moving・・・

Second Album "Long Way To Lord And Other Stories" is out Now!!!



© 2013 HYDRA. All rights reserved.